置き換えダイエットのメリット・デメリット

置き換えダイエットのメリット

    自分好みの置き換えタイプを選んで無理のないダイエット
    1度に必要な栄養分を簡単に摂取しバランスのとれた体へ
    満腹感の得られる食品で炭水化物の量を上手に抑えよう

いつもの炭水化物を抑えるだけで、他の食事制限は一切いらないローカーボダイエットは、食事に対するストレスも感じません。
しかし独自の判断では、極端な炭水化物不足や偏食になる可能性もあるので、市販のダイエット食品を取り入れる置き換えダイエットと共に始めましょう。
栄養バランスがとれたダイエット食品なら簡単に、しかも健康的に痩せられるので、理想のダイエット法となるはずです。
またサプリメントと違い、しっかり食べられる置き換えダイエットは、空腹も満たしてくれます。
大切な栄養素が凝縮されたダイエット食品を利用して、満腹感と共に炭水化物の量を上手に抑え、無理のないローカーボダイエットを続けましょう。
ジュース・クッキー・麺など様々なタイプの食品の中から、自分に合うタイプを選べば飽きずに楽しくダイエットが叶います。

置き換えダイエットのデメリット

    炭水化物の代わりとなる食品選びも注意が必要
    全ての置き換えタイプの食品が自分に合うとは限りません
    間違った解釈の食事法はストレスが溜まりリバウンドへ

炭水化物を抑え、他の食材はいつも通り摂取していくローカーボダイエットで、不足しがちな栄養素の補給に、サプリメントや置き換えダイエットを一緒に取り入れる方もいるでしょう。
その際に炭水化物を抑えることに意識し過ぎて別の栄養素ばかりで置き換えてしまうのは危険です。
「ローカーボ=ごはんを抜く」というイメージで、置き換え食品でも炭水化物を全く抑えてしまうと、普通の食事メニューに戻した際に、炭水化物を必要以上に摂ってしまい、結局他の食事制限のダイエットと同じになり、リバウンドを起こしてしまう可能性も考えられるのです。
更には、置き換え用のダイエット食品が自分好みの味や食感でなければ、なかなか続けられず、思ったよりも量が少なかったということも考えられます。正しい認識のもと置き換えダイエットを行わなければ、ストレスも溜まってしまうでしょう。

ローカーボダイエット

置き換えダイエット

ローカーボダイエットと置き換えダイエットどちらが痩せる?リンク