ローカーボダイエットのメリット・デメリット

ローカーボダイエットのメリット

    炭水化物を抑えれば後は食べたいものが食べられる
    面倒なカロリー計算が一切いらないダイエット法
    食事制限のストレスがなくなればリバウンドも怖くない

ローカーボダイエットは、1日に摂取する炭水化物の量を抑えることで、体質改善が行われ自然にダイエットができる方法です。
体内の炭水化物が減少すると、変わりに蓄積された脂肪が燃焼してエネルギーとなるので、体脂肪を落とすことに繋がるのです。炭水化物だけをコントロールすれば、脂肪分の多い食事制限など一切気にせずに食べたいものを食べられます。
食欲を抑えずに続けられるダイエット方法なので、我慢というストレスを感じず、リバウンドも怖くなくなります。
食材における炭水化物の知識だけを身につけておけば、後は細かいカロリー計算などを食事ごとにチェックしなくて済むので、誰にでもできる方法になるでしょう。常に空腹感と戦わずに済み、代謝もアップして太りにくい体質へと変化すれば、無理のないダイエットとして長く続けられるはずです。

ローカーボダイエットのデメリット

     ごはんが主食の日本では欧米に比べて流行らない
     糖質不足に陥ると肝臓や脳に悪影響を及ぼします
     間違った認識では返って体に負担をかけてしまう方法

アメリカで流行したローカーボダイエットですが、ごはん・うどんなど炭水化物が主食となる日本では、大流行とまではいかないでしょう。
それでもローカーボダイエットを始めようと思う方は、正しい知識のもと行わなければなりません。
炭水化物を摂らなければ大丈夫という安易な考えは、体に最低限必要な栄養分まで不足してしまう心配があるからです。
炭水化物を完全に抜くと、脳が唯一エネルギー源とする糖質(ブドウ糖)不足に陥り、脳が活性化されずにボーっとした状態が続き、脳の働きにまで影響が及びます。
また糖質不足を補おうと、肝臓に蓄えられたグリコーゲンが変わりに分解されるので、肝臓へも大きな負担がかかります。
間違った方法を続けていくと、体内のバランスが崩れ、血液循環も滞り、呼吸も乱れ、体全体が危険信号に陥る可能性も考えられるのです。

ローカーボダイエット

置き換えダイエット

ローカーボダイエットと置き換えダイエットどちらが痩せる?リンク